湯久保だより

CATEGORY

12月20日に行われる和紙づくりワークショップに向けて、打ち合わせと準備を行いました。

和紙職人の北村さんに教わりながら、湯久保に自生している楮を探し、刈り取り、皮むき作業を体験しました。

楮は太く立派なものから、細いものまで様々で、湯久保にも多く自生しています。

 

湯久保に自生する楮(こうぞ)

 

ツルに絡まった楮を引っ張る様子

 

 

刈り取った楮は蒸器に入る大きさに切りそろえ、1時間ほど蒸します。蒸した楮は、スルッと幹から皮が剥がれます。

 

蒸器で蒸される楮

 

手作業で皮を剥く様子

 

 

その後、皮の茶色い部分をヘラで剥ぎとっていきます。

 

皮の茶色い部分を剥ぎとる作業

 

12月20日のワークショップでは、原料の調達から、和紙になるまでの一連の工程を体験してもらう予定です。