湯久保だより

CATEGORY

 

東京ひのはら地域協議会と共催で、味噌づくりワークショップが行われました。毎年、地域の在来作物である鑾野(スズノ)大豆を使って味噌を仕込みますが、今年は猿の影響で、大豆の栽培がうまくいかなかったため、北海道の大豆を使っての味噌づくりとなりました。

湯久保に生まれ育ち、毎年味噌を作り続けている高橋ハツエさんにご指導を受けながら

約60㎏の味噌を仕込みました。

 

恒例の自己紹介から

 

薪で火をおこし、大豆を4時間ほど茹で、柔らかくなったものを杵と臼を使って潰していきます。

 

窯に火をおこす作業

 

茹であがった大豆

 

杵と臼で大豆を潰す作業

 

お昼ごはんをいただき、午後からの作業は、米麹と塩を混ぜて塩切り麹をつくり、潰した大豆と共に混ぜ合わせていきます。よく混ざったら、団子状にし、樽に空気が入らないよう勢いよく入れていきます。

 

塩切り作業

 

塩切り麹と潰した大豆を混ぜ合わせる

 

団子状にまとめる様子

 

樽に詰めていく様子

 

仕込んだ味噌は湯久保にて熟成させ、1年後に今回仕込んだ味噌の販売を行う予定です。