湯久保だより

CATEGORY

古民家「カシャクボ」の茅葺き屋根を葺き直すため、使えそうな茅を探しに、多摩川や秋川の河川敷へ行きました。茅葺き職人の堀尾さんに同行して頂き、河川敷を見ていくと、秋川ではまとまった茅の生息地は見つけることができませんでした。

多摩川沿いではハギやヨシが多く生息していましたが、ワークショップとしての作業性や、刈り取った茅を保管(乾燥)する場所、カシャクボへの運搬など、様々な課題が見えてきました。

今後ひとつひとつ問題を解決していきながら、茅葺き屋根の実現へ向けて活動していきます。  

 

多摩川河川敷(聖跡桜ヶ丘駅周辺)